フリーエンジニア・キャリアアップの道

フリーエンジニアは目の前よりも、中長期先を見てキャリアアップを狙う!

フリーエンジニア・キャリアアップの道

フリーエンジニア・キャリアアップの道 とは

About meフリーエンジニアのキャリアアップに的をしぼった、フリーエンジニア向けの情報サイトです。ゴールを明確にし、自分自身の価値を最大限まで高めて、確実に効率よくキャリアアップしていきましょう!

Category

エンジニアの年収とキャリアパス

ある調査によると、30代前半のエンジニアの年収は人によってかなりの格差があるという結果が出ています。その調査によると、35歳時点での最高年収額が1500万円、最低年収額が150万円となんと1350万円の差ができているのです。このような年収の差はいったいどこから出ているものなのでしょうか。

エンジニアの年収とキャリアパス

Pocket

Web系企業のエンジニア

エンジニアが働く現場のひとつとして、Web系の企業が挙げられます。Web系には小規模なベンチャー企業が多く、さらにそこに所属する社員も若者が大多数を占めています。技術の進化が早いWeb系の世界で、そのような若いエンジニアと技術は使い捨てのように消費されているという現実があります。またそのようなWeb系企業は、継続企業の前提というものを持たないため、年齢やスキルに応じて昇給をする必要性がないのかもしれません。そのため、このような企業で稼ぐことができるのは、一部の高学歴高スキルのエンジニアだけになってしまい、他の大多数の若手エンジニアは、低い給与で便利屋のように使われてしまうのです。

業務・基幹系エンジニア

一方で、業務・基幹系のエンジニアは、同年齢のWeb系業界で働くエンジニアの倍近くの給与があるようです。
Web系エンジニアと業務・基幹系エンジニアの違いは、技術的専門性はもちろんのことですが、業務知識やプロジェクトマネジメントのスキルを必要とされるところにあります。多くの人間が関わる業務・基幹系のプロジェクトでは、ひとりの突出した技術を持つエンジニアがサービスを作るという形では、その技術に追いつかないエンジニアが出てきてしまうため、逆にプロジェクトの進行が遅れるという結果を生みます。そこで、平均的な技術を持つエンジニアをマネジメントすることで、プロジェクトを成功させるということを重視しているのです。

年収とビジネスモデル

つまり、エンジニアの年収に格差ができている原因としては、スキルや経験の差が年収に反映されにくいビジネスモデルを取らざるを得ない業界があるということが挙げられるのです。例えば、Webエンジニアとして年収600万円を達成しようとすれば大変な努力が必要かもしれませんが、同じスキルを持ったまま業界や業種を変えてみるだけで、給料テーブルの最低ラインが600万円だということもありえるのです。
自分の働く場所を決めるのは自分で、ただ今は目の前のこの技術を自分のものにしたい、と熱心に取り組んでいるのかもしれません。若いエンジニアほど進化の早い業界で身をすりつぶしてし、技術の取得だけに力を注いでしまいがちです。しかし、自分の中期的なキャリアパスを考えつつ仕事を選び、勉強をすることもまた必要なことなのではないでしょうか。

Copyright © 2014 フリーエンジニア・キャリアアップの道 All Rights Reserved.