フリーエンジニア・キャリアアップの道

フリーエンジニアの年収は30代から格差が広がります。

フリーエンジニア・キャリアアップの道

フリーエンジニア・キャリアアップの道 とは

About meフリーエンジニアのキャリアアップに的をしぼった、フリーエンジニア向けの情報サイトです。ゴールを明確にし、自分自身の価値を最大限まで高めて、確実に効率よくキャリアアップしていきましょう!

Category

30代エンジニアの広がる年収格差

エンジニアとして働いている30代は、キャリアやスキルや働く場所によって、年収による個人差が顕著になっています。30代の半ばから後半では、年収に換算すると1500万円も貰っている人もいれば、300万円程度しか貰っていない人もいます。

30代エンジニアの広がる年収格差

Pocket

30代から広がるエンジニア職の年収格差

研究所が定期的に行っている年収調査に基づいて、30代での年齢別において年収に関する調査を行いました。その結果によると、最も多く貰っている人で1500万円という高い年収での回答で、150万円程度の低い年収と答えている人もいました。アンケートに答えた人が申告した全員の年収の平均は500万円前後で、他の業種よりも若干平均年収が高い程度です。
プロジェクトマネージャーなどの比較的専門的な職であれば、エンジニア職の中でも比較的高収入です。また、ITの中でも比較的難しい開発の業務やコンサルタントなどの職に関しては、比較的高い収入になる場合が多いです。しかし、テクニカルサポートやシステムの運用といった比較的スキルを必要としない職種ならば、エンジニアの中でも収入が低い傾向です。

30代からエンジニア職の収入の格差が広がる背景について

エンジニア職の中では、キャリアの度合いに応じて責任のある職に就いている人ほど高収入につながる場合が多いです。一方で、少し勉強したり、人並みの研修を受けて作業的な仕事をしている、キャリアをあまり積み重ねていないエンジニアに関しては、あまり収入が上がって行かない傾向です。
エンジニア職の中で、比較的専門性の高いコンサルタントやプロジェクトのマネージャーの職においては、最低でも年収が400万円も確保されます。一方で、いくらスキルやキャリアを持っていても、会社の総合的な業績によっては、年収が低くなる場合もあります。中小企業で働くエンジニアに関しては、仕事に見合った報酬を得ていない場合が多いです。結果的に企業の規模の大きさで収入の格差が生じている事も、収入格差の広がりに関する一つの要因と言えます。
仮に収入が低くて、正社員としてのエンジニア職を辞めた場合にフリーエンジニアになっても、キャリアの度合いが収入に跳ね返ってくることが多いです。

年収を極力上げるための方法

エンジニアとして、現段階として収入が不満で、収入を上げたいと考えているならば、これまでのキャリアを考慮して転職を考える事も一つの方法です。しかし、実際には仕事のスキルやキャリアに応じて、収入に満足していないと感じているエンジニアも多いです。現時点の年収がキャリアや技術に見合ったものであるかを確認して、エンジニア職の年収相場などを鑑みる事が大切です。また、フリーエンジニアや大企業への転職なども視野に入れてみる事で、収入アップにつながる可能性が高くなります。

Copyright © 2014 フリーエンジニア・キャリアアップの道 All Rights Reserved.