フリーエンジニア・キャリアアップの道

フリーエンジニアのキャリアと年収を考える

フリーエンジニア・キャリアアップの道

フリーエンジニア・キャリアアップの道 とは

About meフリーエンジニアのキャリアアップに的をしぼった、フリーエンジニア向けの情報サイトです。ゴールを明確にし、自分自身の価値を最大限まで高めて、確実に効率よくキャリアアップしていきましょう!

Category

エンジニアの年収について

エンジニアの年収について

エンジニアとして今稼いでいる年収額に満足していますか?エンジニアの年収、特に30代のエンジニアの年収格差はどんどん広がっています。その差はなんと、5倍以上。フリーエンジニアとして稼ぎをあげる上では少なくとも平均年収以上、できるだけ上限に近づいていきたいと思うのが人情です。将来設計も含めて、エンジニアの稼ぎについて改めて考えてみませんか。

30代エンジニアの広がる年収格差

30代エンジニアの広がる年収格差 30代エンジニアの広がる年収格差 エンジニアの平均年収は、プロジェクトのマネージャーやコンサルタントなどの職においては高めで推移しています。しかし、システムの運用などのサポート的な職に就いている人は、エンジニア職の中でも平均年収が低い傾向です。一方で、会社の業績や規模によっても平均年収が変動しやすいです。会社の業績が好調であったり、大企業で働いているエンジニアの社員は年収が高い傾向です。エンジニアの仕事についていて、あまりにも低い収入で不満と感じたならば、キャリアに応じて転職先を決めることも一つの方法です。キャリアが豊富で結果を出せると感じたならば、フリーエンジニアの道も考えましょう。

エンジニアの年収とキャリアパス

エンジニアの年収とキャリアパス エンジニアの年収とキャリアパス 30代前半のエンジニアの給与は、業界によってひどく格差があるということがわかっています。その理由は業界ごとのビジネスモデルの差だと言えるのではないでしょうか。というのも、Web系エンジニアの場合、会社自体が小規模なベンチャーが多く、長期的な会社の継続までを考えておらず、年齢やスキルによる昇給を意識していないため、年収も低くなりがちです。しかし同じスキルや経験を持ったエンジニアが、例えば業務・基幹系エンジニアとして働くだけで、年収は倍以上にもなるのです。こういったことを考慮にいれつつ、より長期的なキャリアパスについても考えていくべきではないでしょうか。

エンジニアの将来への不安は計画を立てて解決

エンジニアの将来への不安は計画を立てて解決 エンジニアの将来への不安は計画を立てて解決 終身雇用制が崩壊している現在の日本では将来に不安を持つ人が増えています。その不安は自分の未来がみえないということに対する不安であることが多いため、自分の将来の設計図を書いてみることが不安の払拭につながります。現在のあなたの状況と1年ごとの年齢や目標、収入などについて紙に書いてみてください。あなたが今するべきことが見えてくるはずです。エンジニアとして経験を積んだ人の場合、フリーエンジニアになるという選択肢が出てくることもあるでしょう。しかしフリーエンジニアには向き不向きがあるため、自分の適性を見極めた上で検討することが必要です。

エンジニアが35歳までに考えておくべきこと

エンジニアが35歳までに考えておくべきこと エンジニアが35歳までに考えておくべきこと システムエンジニアを職業としている人は、自分の技術を高めることには熱心ですが、キャリアの形成ということには無頓着な人が多いようです。しかし、終身雇用制度の崩壊した日本では、会社が個人のキャリアを考えてくれるという時代は終わっています。自分の未来は自分で決める時代、自分のキャリアデザインも自分で行わなければならない時代になっているのです。自分でキャリアデザインを行うためには、まず「現在の自分」と「理想の自分」とはどんなものかを整理し、その二つのギャップを埋める計画を立てると良いでしょう。さらにその自分が社会的にどんな価値を持っているのかについても自覚しておくべきです。

Copyright © 2014 フリーエンジニア・キャリアアップの道 All Rights Reserved.