フリーエンジニア・キャリアアップの道

スマートな価格交渉でキャリアアップ!フリーエンジニアの格上げ術

フリーエンジニア・キャリアアップの道

フリーエンジニア・キャリアアップの道 とは

About meフリーエンジニアのキャリアアップに的をしぼった、フリーエンジニア向けの情報サイトです。ゴールを明確にし、自分自身の価値を最大限まで高めて、確実に効率よくキャリアアップしていきましょう!

Category

フリーエンジニアの価格交渉術

値段交渉というのは、フリーランスでエンジニアとして活躍していくためにとても重要な事になってきます。しかし、同時にとても難しいものでもあります。価格を高く提案しても、話を聞いてはもらえません。しかし、安すぎると利益を生み出す事が不可能になってしまいますよね。なので、とりあえずは相場というものを知って、どれ位の金額で提案すれば妥当なのかというのを把握しておく事が必要でしょう。その上で、自分自身の仕事での適正な価格を割り出して、交渉のテーブルにつくのがベストではないでしょうか?

フリーエンジニアの価格交渉術

Pocket

価格の話は最初からしない

フリーランスエンジニアとして商談を行う時に、まず価格の話からする人が多いようです。しかし、これはあまり好ましい事ではありません。なぜかと言いますと、クライアントは出来るだけ安く値切りたい・・・安くやってもらいたいと考えているわけなので、いきなり価格の話をするのは不利と言えるからなのです。フリーランスなので、クライアントが企業という場合には、どうしても下に見られがちですね。なので、まずは緊張をほぐし、リラックスした状態で商談出来るような環境や雰囲気作りをし、その上で自分の商品の説明、自分の強みなどを話して、それから後に価格の話をするのがベストだと言えるでしょう。

価格交渉の勝利は自分の価値観で決まる

価格交渉の時に値引き交渉などが発生してしまい、それに応じてしまう事も多々ありますよね。この時に、値引きしてしまったら負けである・・・というわけではありません。フリーランスの場合には値段を自分次第で設定する事が出来ます。なので、どうしてもこれからお付き合いを続けていきたいという企業や、これからの事を考えてどうしても受けておきたい仕事などの場合には、価格を度外視して受注するという事もあり得ます。こういった場合には、フリーランス側の勝利と言えるでしょう。逆に言うと、今後付き合っていてもあまり自分にとってメリットがないという場合には、少々高い値段を設定しても後悔するような事にはならないという事です。その見極めというのは自分の価値観でしか測れないものです。自分の中で何が大事で何が不必要かという事をはっきりさせておく事が重要ですね。なので価格交渉は、仕事の持つ意味合いまで考えた上で行う事が必要です。

そのためにはどのようにすればいいのか

この仕事は価格を下げた方が有利かどうか・・・それを常日頃から把握しておく事が大事になってきます。どの企業やどの仕事が自分にとって重要なのか。それをピックアップしてメモ書きにしておくといいでしょう。いざという時に、そのメモがとても役立つ事は間違いありません。

Copyright © 2014 フリーエンジニア・キャリアアップの道 All Rights Reserved.